翻訳技術を学ぶなら森谷式翻訳術でトランスクリエーションを身につけよう!

この記事を読んでいる方は、英語や翻訳に興味があるのではないでしょうか?

今、このコロナウィルスの影響でいろいろな業界・職種がダメージを受けている中で、『翻訳』の業界は需要が高まっている成長市場となっています。

どうして翻訳業界は成長を続けているのでしょうか。
それは昨今のインターネットによる動画配信のサービスや書籍発売の影響で翻訳する必要があったり、海外進出する企業が増えマニュアルや契約書といった会社間のやり取りの必要になっているからです。

右肩上がりの翻訳の仕事ですが、翻訳の仕事にはどういったメリットがあるのでしょうか。
メリットとしては以下のことなどがあげられます。

仕事をする時間や場所を自由に選ぶことができるので生活の時間を自由に使うことができる
大企業で働くのと同じぐらいの給料を稼ぐことができる
・自宅で仕事ができるので、満員電車に乗らなくていい
仕事の分量は自分で調節することができるため、体力的なことや年齢も気にせず取り組める
・言語を扱う仕事なので、仕事が無くなるということはほぼなく長期的に収入を得られる

このようにメリットがたくさんある翻訳という仕事ですが、
どうすれば翻訳家になれるのでしょうか。

翻訳というとどういうイメージでしょうか?
翻訳する言語に精通していて難しい特殊なスキルを必要とする大変な仕事、というイメージがありませんか?
そのうえ試験も難しく、翻訳家になれるのは一握り。
その難しいイメージから諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか?

ですが、翻訳会社の書類選考や試験を突破するための指導や翻訳家になるうえで強みとなる翻訳スキルも身につけられるカリキュラムがあるのです。

それが『森谷式翻訳術』です。

森谷式翻訳術とは業界最短最速翻訳に必要な英語スキルと翻訳スキルを身につけることができるカリキュラムで、翻訳者として年収1000万円を稼ぐ実力を持ち合わせている森谷祐二先生が監修しています。

翻訳家として実際に第一線で活躍している森谷先生がこれまで培ってきたプロセスやノウハウを学ぶことができるのです。

翻訳家になるためには次の3つのステップがあります。

1.翻訳を行うための最低限の英語力と翻訳スキルを身につける

2.森谷式翻訳術独自の翻訳テクニックを身につける

3.翻訳会社の書類選考とトライアル試験に合格する

やはり英語力が全くなければ翻訳家になることはできませんし、
翻訳スキルがなければ英語力があったとしても翻訳を行うことはできません。

そして森谷式翻訳術は普通の翻訳とは何が違うのか、その特徴をみていきたいと思います。

森谷式翻訳術ではトランスクリエーションを学ぶことができる

森谷式翻訳術では英語力の足りない人が、翻訳に必要な最低限の英語力と翻訳スキルを同時に学ぶことで力をつけることができます。
そして先ほどの「森谷式翻訳術独自の翻訳テクニック」ですが、
それがトランスクリエーションと呼ばれる翻訳技術です。

「トランスクリエーション(transcreation)」とは、
「翻訳(translation)」「創造(creation)」を組み合わせた造語で、
マーケティング翻訳ともいわれる「創造的な翻訳」のことです。

翻訳は原文の意味を正確に訳すことに対して、
トランスクリエーションは原文の持つコンセプトや意図、メッセージを伝える訳し方です。

このトランスクリエーションを身につけることで、
他の翻訳家にはできないというアピールができ、長期的に稼げる業界トップレベルの翻訳家になることができます。

翻訳とトランスクリエーションは何が違いは何?

何が違うのかわかりにくいと思いますので、トランスクリエーションの例を見ていきましょう。

例1.
化粧品のキャッチコピー英語原文:One swipe, light-feel radiance.

翻訳:1回のスワイプをすれば軽い感覚の輝き

トランスクリエーション訳文①:一瞬で光をまとった上質な肌へ
トランスクリエーション訳文②:瞬間ふんわりツヤ肌

どうでしょうか。
翻訳文よりもトランスクリエーションの訳文のほうがイメージしやすく購買意欲も湧きませんか?

こちらは化粧品開発のメーカーや企業の意図を汲み取ってできたキャッチコピーです。
日本でも同じようにこの化粧品を買ってもらう、魅力的にみえるようにという目的を達成してほしいというリクエストが翻訳の仕事として依頼されます。
そこで使われるのが、コンセプトやイメージをより伝えやすくするトランスクリエーションの技術です。

では次の例も見ていきましょう。

例2.
Appleのホームページより
英語原文:Dream it up. Jot it down.

翻訳:Dream up → 思いつく、考え出す   Jot down → メモをする

トランスクリエーション訳文:思い描いたものを、思いのままに描こう

これはアップルペンシルのキャッチコピーです。
思いついたらメモをとる。という翻訳だけでは味気ないですね。
購入したくなるようにキャッチコピーのメッセージ性を日本語に訳す必要があるので、
アップルペンシルがあればそういう行動ができる、アクションが取れるというイメージが思い浮かぶような言葉に訳すことが必要になってくるのですね。

森谷式翻訳術のトランスクリエーションを使うことで翻訳が楽しくなる

2つの例を見ましたが、どちらも英語原文の制作者の意図やコンセプトを考えて翻訳していましたね。
この他であれば、
例えば映画の翻訳なら、登場人物のバックボーンや考え方を汲み取って創造したトランスクリエーションで翻訳をしています。

森谷式翻訳術のトランスクリエーションではただ翻訳するのではなく、
その作品や商品の一役を買っている点誰かの役に立てるという満足感もあるので、
楽しみながら仕事ができるのではないでしょうか。

ですが中には『想像力が必要だから自分にはできないかも』と不安に思った方もいるかもしれません。

でも安心してください。
森谷式翻訳術ではトランスクリエーションのコツを論理的に説明していますし、
論理的ということは再現が可能なスキルということです。
プロがどのようなプロセスで意訳しているかが理解できれば、未経験の方でも必ず習得することができるのです。

森谷式翻訳術が一般的な翻訳よりも優秀な点

では森谷式翻訳術のトランスクリエーションが一般的な翻訳よりもどういった点が優れているかみていきましょう。

・一般的な翻訳と比べてスキルが必要なため、報酬が高くなる
・スキルを身につければ、継続した仕事の依頼が多くなる
・クリエイティブ要素がある翻訳なので、やりがいもあり楽しく仕事ができる
・一般的な翻訳よりも需要が高まっているので、仕事に困らなくなる
・難易度が高いため現状トランスクリエーションでの翻訳ができる方が少なく、翻訳会社から重宝されるため長期的に収入を得ることができる
・翻訳の仕事の幅が広がる

などがあります。

辞書で調べてそのまま翻訳できるというわけではないので、スキルに希少性があるため仕事の単価も高くなる傾向にあります。

また、翻訳の依頼側としても「商品のイメージを大切にしたい」「自然な文章での翻訳を頼みたい」という意図があるので、
トランスクリエーションを使える翻訳家が重宝されるというわけです。

翻訳業界はスキルを身につけている方にとって売り手市場なのです。

森谷式翻訳術のトランスクリエーションを使えば、業界トップの翻訳家デビューを目指せる

森谷先生が年収1000万円超えを達成できたのはトランスクリエーションを使い、数々の翻訳会社から仕事依頼がきたからです。
依頼数が多すぎて1社以外は依頼を断らざるを得ない状態になったというから驚きですよね。

いかがでしたしょうか?
今まで自信がなくて翻訳家を諦めていた方も希望が見えてきたのではないでしょうか?

翻訳者として仕事をためには、当然ながら英語力が必要ですが、
森谷式翻訳術であれば英語力を磨きながら、翻訳スキルを同時に学ぶことができるのです。

今まで培ってきた英語を活かして仕事がしたい方、
今後の人生や老後に不安がある方、
自由なライフスタイルで働きたいという方、
いずれも森谷式翻訳術でトランスクリエーションを身につければ、それが可能です。

選択肢を増やし人生を豊かにする。
まずはそのために森谷式翻訳術を学んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事